フジロック初心者が準備したもの【リュック編】

スポンサーリンク

ついに、前夜祭はじまっちゃった。

私も盆踊りおどりてぇーーー‼

 

明日、昼まで仕事をしていよいよ福岡からフジロックへ。7/28(土)の1日参加です。

今日博多駅通ったけどフジロッカーっぽい人全然居なかった。ちょっとしょんぼり。

 

それではリュック編です。私が揃えたのは4つ。

 

  • 現地への移動用
  • 会場内の移動用
  • その他(ウエストポーチ)
  • ザックカバー

 

一番悩んだ時間が長かったのがリュックかも。

今日は急にウエストバック買い出すし。

バック買いすぎ?大丈夫か⁉

 

現地への移動用リュック

私が買ったのはドイターというメーカーの容量24Lです。

 

 

ドイター?ナニソレ?って私も当初は思っていました。

知る人ぞ知る有名なドイツの歴史あるブランドなんだそうです。

 

ドイターさん、リュックの種類も豊富すぎて迷った。

普段も結構リュックで生活していますが、超汗かき・暑がりの私は特に夏は背中に熱がこもりがちです。

ドイターは、背中部分がムレにくい。私が選んだものは背中に凹凸があるタイプ。また、現地までの体力温存のためにも今回はとにかく軽いものを選びました。

 

それから、腰の両側にちょっとした小物入れが付いていて、しかも水分補給時のストロー通すための隠し穴が側面に付いている!!(正直これが決め手)

店員さんから、ここにイヤホン通したらいいかもですねってアドバイスもらったのです。なにそれ最高。

 

購入したお店(ショッフェル)の店員さんいわく、ドイターのリュックが福岡で一番そろっているのはここです!とのこと。確かにすごい数取り揃えてた。

このお店の店長さんが、私が人生で初めて会ったフジロック経験者でした。

色々とエピソードきいたんですが面白すぎて(笑)フジロッカーって優しいんだなぁと初心者はちょっと安心したのでした。

 

話がそれましたが、

店員さんとリュックの容量を相談して、日帰りならこのくらいで良いのでは?とのことで24Lに決定しました。お土産入れることも考えて気持ち大きめに。

容量は本っ当にめちゃくちゃ悩んだ。だって想像もつかないから。

 

会場に着いたら、必要なものだけ取り出して、このリュックは現地の荷物預かり所で帰宅時まで預かってもらいます。

 今年の手荷物一時預かり所は、荷物一個につき500円とのこと。

 

会場内の移動用リュック

肩紐の幅が広くて軽くて、小さくコンパクトにできるもの!がいい!

 そんなわがままを叶えてくれたのが、ホールアースのパッカブルリュック。

 

私に必要なポケットがいっぱいついている。

両サイドには水筒が入りそうなメッシュポケットもあり。すばらしい~!

 

ウエストポーチ

すぐに物をなくしてごそごそしちゃうタイプの人間なので、貴重品・お財布ウエストポーチに入れて持つことにしたのです。

ズボンのポケットに入れるのは、無くしてもいいようなものにします。

 

購入したのは、無印良品のセイフティーケース。中にメッシュの細かい仕切りがあって嬉しい。

普段使いに軽いランニングなんかでも使えそうです。

 

ザックカバー

今回の天候で絶対忘れちゃいけなさそうなザックカバー。

濡れたら雨でリュックが重くなるし、中身が濡れれば大変な事になるので、それは絶対に避けたい…‼

値段はピンキリですが、私はこちらを購入。

 

 

ザックカバー初めて使うんですが、初心者でも簡単に装着できた(色が黄色だとカバーに交通安全って書きたくなっちゃう)

 

 

 

ここまででリュック編は終了。

帰宅時は会場の配送サービス使って自宅までの荷物を減らしちゃうかも。

うん、きっとそうします。結構荷物多くてビックリしているから。