福岡サークルは「穴場フェス」のんびり野外フェスの魅力4点を紹介

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20190105200952j:plain


音楽フェスって「派手な人が多そう」「ハードル高そう」というイメージを持っていませんか?

フェス未経験だった私も、そう思っていました。

 

そんな私が、色々なフェスへ参加して気づいたのは、

福岡CIRCLE(サークル)の場合、 のんびり屋さん・マイペースさんが向いている

ということです!

 

福岡サークルはとっても気軽に参加できる野外フェス。

用意する持ち物が少なくて済むので、音楽フェス初心者には嬉しいポイントの1つです。

 

この記事では

  • 野外フェス「福岡サークル」の魅力
  • 「福岡サークル」当日の服装
  • 雨具の必要性
  • 会場へのアクセス

について、ご紹介します。

 

野外フェスの参加経験がない方は、 この記事をきっかけに「行ってみようかな?」と思っていただけると嬉しいです~

 

★CIRCLE ’19 開催決定★

2019年5月18日(土)、19日(日)

場所:福岡・海の中道海浜公園 野外劇場

 

 

野外フェス「福岡サークル」の魅力

f:id:whoismoe:20190105201532j:plain

①春の過ごしやすい気候がうれしい!

サークルが開催されるのは、毎年5月。

寒さも落ち着き、暖かくなってきた季節です。

 

昼間は日差しが強くなくて、汗をかきにくい。 

当日は一日中太陽の下にいるから、野外フェスにはぴったりの天気です。

 

気を付けたいのは、夕方になり日が落ちると一気に気温が下がること。

私も寒くて凍えた経験があるので、長袖は絶対に必要です。

②初めてでも大丈夫「のんびり、ゆったり」な雰囲気

会場ではレジャーシートを持参して、お昼寝している方をよく見かけました。

生演奏の音楽を聴きながらのんびりするなんて、贅沢な時間です。

 

ゆる~い雰囲気が好きな方は、きっと居心地がいいですね。

 

シャボン玉を持参すると、周りにいる子供たちとも仲良くなれますよ。

こちらは電動式。シャボン玉の中に小さいシャボン玉が入る、素敵アイテム!

 

③広すぎず、狭すぎない会場は歩き疲れない

会場はステージが2つに分かれています。

ステージ間の移動は、空いていると1分もあれば移動できる距離です。

 

人気アーティストのステージになると人が多くなりますが、

ギチギチではなく、各自ライブ中に動けるスペースが十分にあるので、余裕をもって楽しめます。

 

当日はポップアップテントを持参して、不要な荷物はテントの中に置いておくといいですね。(貴重品は持ち歩くこと)

 

あとから自分のテントが分からなくて困ってしまうので、

個性的な柄のテントがおすすめです。

 

④大物アーテイストに間近で会える

好きなアーティストには、会いたいときに会うのが一番!

開催年によってアーティストは変わりますが、矢野顕子、細野晴臣、電気グルーヴ…といった大物アーテイストも出演します。

 

会場内ではテント席・レジャーシート席から楽しむ方も多いので、

最前列を狙いたい方は福岡サークルが大チャンス

 

ライブへ参加して遠い席から眺めるよりも、

福岡サークルに参加して、大好きなアーティストへ会いにいきましょう!

サークルは普段着で参加。福岡でも気軽なフェス!

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by CIRCLE (@circle.fukuoka) on

 

福岡サークルには参加に向けて、特別に服を買う必要はありません。

 

のんびりした雰囲気のため、服装も普段着で参加される方が多いです。

中には「フジロック」のような登山の格好をしていたり、奇抜な服を着ていたりする方も。

 

当日は、普段着ている服で参加しましょう。

過ごしやすい服装で参加するのが一番です。

野外フェス必須の「雨具」は、福岡サークルでも必要。

 

意外と忘れがちなのが、雨具です。

私が参加した日は運良く天気に恵まれましたが、翌日は見事に雨が降りました。

 

傘をさしてしまうと周りの人がケガする恐れも。

ポンチョもしくはレインウェアを事前に準備して、みんなで気持ちよく楽しみましょう。

 

▼おすすめの雨具はkiu(キウ)のレインポンチョ。

 

福岡市内からシャトルバスで参加も簡単。

f:id:whoismoe:20190105193237j:plain

 

福岡市内からサークル専用の往復シャトルバスが出ているため、

バスから降りれば会場に到着。

 

シャトルバスなら交通手段を考える必要がなく、会場までの移動もスムーズです。

 

シャトルバスのチケットは現地で購入するより、事前に購入する方が安くなります

ぜひ事前購入でお得に参加してくださいね。

まとめ

  • 開催時期5月は過ごしやすい。日差しが程良いので、汗をかきにくい。
  • レジャーシートでのんびりとお昼寝したまま音楽を楽しめる
  • ほどよい広さの会場で歩き疲れない。テントがあると、荷物を置けて便利。
  • 目当てのアーティストを間近で見られるチャンス

 

以上、のんびり屋さんのもえがお送りしました。

福岡サークルで音楽と自然に囲まれて、ゆったりと音楽を楽しみましょ~