テントを部屋に置いてみない?室内用テントで、毎日キャンプ気分になれるよ。

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181127145812j:plain

キャンプって実際に行くとなると、まず物を揃えたり、車を用意したり…。

結構、ハードルが高いんです!

 

「キャンプ場に行かずとも、毎日キャンプ気分になりた〜い」と

日々思っているズボラな私が、

 

室内用のテントと、一緒に揃えれば室内キャンプ気分が倍増する小物をご紹介します。

 

室内キャンプをしよう!

f:id:whoismoe:20181127161703j:plain

部屋の中に、秘密基地を。

テントって、ちょっとした特別感があります。

そんなテントが室内にあるなんて、夢のような生活です。

 

クッションや、ふかふかしたブランケットを中に置いて、

自分だけの空間を作るのは、きっと楽しいはず。

室内用テントは3種類。

ドームタイプ

ドームテントは、一番キャンプ感が出ますね。

こちらは寒い季節にうれしい「室内用の保温テント」です。

 

広いから、中にテーブルも置けそう! 

温かい毛布に包まれて、この中でお昼寝したい。

 

冬はこたつ代わりに使えそうだし、

夏は冷房の風が直接当たらないように使うといいかも。

POINT

床有りタイプ床無しタイプがあるので、購入時は要注意。

ティピータイプ

秘密基地には、ティピーテントがぴったり。 

 

布製だから、汚れれば簡単に洗えます。

これなら、庭や公園にも持って行ける!!

 

パーツが少ないから、組み立ても簡単そうです。

自宅の庭で使ったり、流行りのグランピング(手ぶらで行けるキャンプ)に持っていくのも素敵。

POINT

一時的にテントを置きたい時におすすめ。

吊り下げタイプ

テントとは言い難いですが…。

天井から吊り下げるだけなので、一番場所を取らないタイプ。 

 

布の長さは2m40cmで、直径は50cm。大人も余裕のサイズです。

 

ベッドの上に吊るしてもいいし、部屋の一角に吊るすのもオシャレ。

無印良品で有名な”ダメになるクッション”を置いて、この中に入って読書したいな。

POINT

狭い方が落ち着くなぁという方は、こちらのタイプがおすすめ。

もっと!キャンプ感を出す、お手軽小物

f:id:whoismoe:20181127150943j:plain

小物なら、テントよりも気楽に試せます。

インテリアにも取り入れやすいです。

部屋の中に丸太…じゃない!?

なんと、丸太型のティッシュケースなんです!

一気にアウトドア感が出るし、生活感もなくなるので、おすすめアイテム。

 

ティッシュって、部屋の中で一番生活感が出ますよね。

無造作に置いていても、許せるデザインがすごくいい。

いつでも満点の星空。

キャンプと言えば、やっぱり満点の星空。

プラネタリウムを使えば、部屋の中で夜空を見ながら眠れます

 

キャンプ場って都会から離れているから、

いつもより、たくさん星が見えるんですよね。

 

疲れた日には、プラネタリウムがあると癒されそう。

飾るだけでワクワク感。

キャンプ感を出すのに一番簡単なのが、装飾品。

ドリームキャッチャーは1つ飾るだけで大丈夫です。

 

特に、ティピーテントとの相性は抜群!

インテリアを民族風に寄せるのも、おすすめです。

まとめ

・【ドームタイプ】は広いから、テーブルを置いたり、横になりたい方に。

 

・【ティピータイプ】は洗いやすく持ち運びやすいから、野外でも使える。

 

・【吊り下げタイプ】はコンパクトで省スペース。チャレンジしやすい。

食器やテーブルもアウトドア用品で揃えると、食事の時間も楽しめそうですね。

考えるだけでもワクワクしてきます。

 

皆様もぜひ、室内キャンプ生活を過ごしてみては。

上手く組み合わせれば、インテリアのセンスが上がる…かも?