Beatsヘッドホンの使い心地と、イヤホンとの比較【初めての方におすすめ】

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181126000308j:plain

ヘッドホンで音楽を聴くって、ちょっと憧れがありました。

 

普段、Appleの純正イヤホンを使っている私が

念願のヘッドホンBeats(ビーツ)を購入したので、

イヤホンとの違いや、使い心地をお伝えします。

 

Beatsをオススメしたい理由

f:id:whoismoe:20181126001709j:plain

デザインがかっこいい。

あのLady Gaga(レディーガガ)とコラボするくらい、ハイセンスなブランド。

現在では、様々な有名人が身につけています。

 

好きなアーティストやバンドが身につけていると、お揃いで欲しくなっちゃいますね。

 

気になる音質は問題なし。

今回購入したのは、「Beats EP」というヘッドホンです。

Beats EP

 

イヤホンは、Appleの純正を使っている方が多いと思います。

今使っているイヤホンより、音質が悪くなるのは避けたいですよね。

 

安心してください。

Beatsのイヤホンなら、音質が変わらないのでおすすめです。

 

実際に聴いてみて、音質はApple純正イヤホンの延長線にある感じでした。

 

MEMO

オーテクや、ソニーのヘッドホンを試しに聞いてみましたが、

軽い音がしたり、低音が聞こえなかったり。

 

Appleの純正イヤホンと比べて、音が劣化したように感じました。 

ストレスが軽減される。

ヘッドホンなら聴きたいとき、サッと両耳に装着できます

それに、使わないときは首にかけられる。

 

今、聴きたい曲があるのに、イヤホンが絡まってて聴けず…

「もう、コードが絡まったまま聴いちゃうー!!」

ってこと、ありませんか?私はあります(笑)

 

曲を聴きながら、絡まったコードを片耳ずつ外す、あの作業…地味にストレスです。

 

POINT

コードの断面は楕円形になっていて、絡まりにくい形状です。

ワイヤレスタイプもあり。

価格が若干上がりますが、ワイヤレスタイプも3種類あります。

これでコード問題は解決ですね。

Beats Solo3 Wireless

Beats Studio3 Wireless

Beats Pro

持ち運びもOK

f:id:whoismoe:20181126002403j:plain

ポーチが付属で付いてくる。

購入してから気づいたのですが、

ちょっと高級感のある、キャリングポーチ(ヘッドホン用のポーチ)が同梱されています。

 

ポーチに入れると、意外と小さくなる!

この程度のサイズなら、旅行に持っていけるかも。

 

POINT

保管の時も、このポーチへ。ホコリがたまらず保管できます。

充電を気にせず使い放題。

有線タイプなら、ヘッドホン自体の充電を気にせず音楽を楽しめます

 

ワイヤレスタイプも魅力的ですが、

気付いたら充電が切れてた…ということになるかも?

 

POINT

コードが気になる時には、ケーブルバンドを使ってみてください。

まとめ 

・音質は、Apple純正イヤホンの延長線にある感じ。

Appleユーザーなら、きっと満足できるはず。

 

・ワイヤレスタイプか、有線タイプから選ぼう。

 

・ワイヤレスタイプは充電が必要。

 

・持ち運び用のポーチで、旅行にも持っていける。

色はブラックと迷いましたが、ネイビーを選びました。

皆さんもぜひ、ヘッドホンデビューしてみてはいかがでしょうか?