【海外・長期旅行用】キャリーケースの選び方。おすすめの3点を紹介

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181111205103j:plain 

キャリーケースが必要になった時、

初めてだとどう選んだらいいのか、全く分からないですよね。

 

全部同じに見えるから…と言って、価格だけを見て選んでいませんか?

 

今回は、キャリーケース選び初心者の私が実際にお店へ行き、

商品の選び方・おすすめランキング、それぞれの特徴まで、店員さんに聞いてみました

 

キャリーケースの選び方

f:id:whoismoe:20181111225854j:plain

キャスターで選ぶ

タイヤは大きく分けて、2種類あります。

1輪タイプ

f:id:whoismoe:20181112012226j:plain

<メリット>

移動中の「ガラガラ…」という音が静か。

<デメリット>

タイヤが壊れやすい。

2輪タイプ

f:id:whoismoe:20181112012140j:plain

<メリット>

丈夫で壊れにくく、移動中も安定している。

<デメリット>

タイヤの数が多いため、1輪タイプよりも音が気になる。

飛行機を利用するときは注意

ルール外のサイズだと、追加料金を支払う必要があります!

荷物のサイズ制限

例:荷物の3辺(縦・横・高さ)の合計が、cm以内

荷物の重さ

例:1つの荷物の重さが、kg以下まで

荷物の個数

例:○個まで無料

 

と、決められています。

実際に利用する、航空会社のルールを一度、確認してみてくださいね。

店員さんおすすめランキング

f:id:whoismoe:20181111231256j:plain

こんな方におすすめです。

  • TSAロック付きがいい
  • 容量85L程度で探している
  • デザインよりも機能性を重視(頑丈・軽い)

第3位

メーカー:シフレ

型番:TRI 2035-67

容量:102L

本体重量:4.9kg

サイズ:460×670×300mm

安くて丈夫」を重視するなら、こちら!

 

<特徴>

キャスターにバネが入っているので、壊れにくく、長持ちします。

店員さんによると、通常はこのタイヤ部分が壊れて、修理に出す方が多いそうです。

 

ファスナー式のため、4cmほど横幅が広がります

帰りは、お土産で荷物が増えがちです。

そんな時に、便利な機能ですね。

 

MEMO

荷物が多くなりがちな方や、女性へおすすめしたい商品です。

第2位

メーカー:シフレ

型番:TRI 1030-67

容量:92L

本体重量:5.6kg

サイズ:460×670×310mm

頑丈さ」を重視するなら、こちら!

 

<特徴>

素材がとっても、硬いです。

これなら、海外の飛行場で荷物を投げられても、安心ですね笑

 

MEMO

見た目がジュラルミンケースに似ているので、若干ビジネス感が出ます。

どちらかというと、男性向けのデザインかも。

第1位

メーカー:サムソナイト

型番:COSMOLITE  V22-304

容量:94L

本体重量:2.6kg

サイズ:510×750×310mm

軽さ」を重視するなら、こちら!

 

<特徴>

小指でラクラク持ち上がるほどの軽さで、驚きました。

「軽さについては次元が違う商品です!」by店員さん

 

素材はソフトだけど、とても頑丈です。

 

また、なかなかいいお値段しますが、”みんなが憧れのキャリーケース”なんだそう。

予算に余裕があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

 

MEMO

ヨーロッパ製のため、入荷の時期によって価格が変わるそうです。

(円高、円安が影響する)

 

まとめ

◆選び方

・タイヤは1輪・2輪から選ぶ。

・飛行機の利用では

サイズ制限と重量オーバーに注意。

 

◆おすすめのキャリーケース

・安くて丈夫

「シフレ:TRI 2035-67」

 

・頑丈さ重視

「シフレ:TRI 1030-6」

 

・軽さ重視

「サムソナイト:COSMOLITE  V22-304」

旅先で困ることがないよう、価格だけでなく、機能もよく見て選びたいですね。

皆さんのキャリーケース選びの参考になると、うれしいです。