モダンライフ・イズ・ラビッシュのサントラを紹介。音楽好きは必見!

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181110215217j:plain

(引用元:http://nakimushiguitarist.com/music.html

 

皆さん、UKロックはお好きですか?

私は映画が好きで、気に入った映画はサントラも集めています。

 

この映画は、イギリスを舞台にしたラブストーリーですが、

恋愛系が苦手な方でも、音楽好きなら誰でも楽しめる作品でしたよ。

 

 

モダン・ライフ・イズ・ラビッシュとは

未だにタイトルを完璧に言えません笑

映画のタイトルについて

じつは、実在するアルバムがあるんです。

blur(ブラー)というイギリスのロックバンドが、1993年にリリースしたアルバム名が、”Modern Life Is Rubbish”といいます。

 

この映画は、ブラーをきっかけに出会ったカップルの物語です。

映画のタイトルは、このアルバム名から使われています

 

映画の中で、ブラーの他のアルバムも出てくるので、

観る前に作品をチェックしておくと、もっと楽しめると思います!

あらすじ 

リアムとナタリーは、お互いにblur(ブラー)というバンドが好きで、レコード屋さんで出会います。

 

バンドマンを目指すリアムと、彼のために夢を捨てて応援するナタリーですが、ある日、ナタリーは彼に別れを告げることに。

 

立ち直れないリアムが、音楽活動の中で、彼女の存在の大切さに気づいていく物語。

サントラ紹介

映画の舞台はイギリスなので、

やはり曲はイギリス出身のバンドが多かったです。  

使われている曲 

The Loneliness & The Scream - Frightened Rabbit(フライトゥンド・ラビット) 

 

Don't Look Back Into The Sun - The Libertines(ザ・リバティーンズ)

 

Dakota - Stereophonics(ステレオフォニックス)

 

Ladies & Gentleman We Are Floating in Space - Spiritualized(スピリチュアライズド)

 

Heaven or Las Vegas - The Cocteau Twins(コクトー・ツインズ

 

If You Wanna - The Vaccines(ザ・ヴァクシーンズ)

 

Sex - The 1975

 

Bird - Billie Marten(ビリー・マーテン)

 

She Moves In Her Own Way - The Kooks(ザ・クークス)

 

Bullet Proof I Wish I Was - Radiohead(レディオヘッド)

 

Stars - Warpaint(ウォーペイント)

 

Only - Ry X

 

Bam Bam - Sister Nancy

 

Hex - Mt.Wolf

 

Death - White Lies(ホワイト・ライズ)

オリジナル曲 

リアムのバンドhead cleaner(ヘッドクリーナー)の曲です。

  • Give it Til’ You Lost It
  • Broken Dreams
  • Uncontrollable
  • Liquorice Allsort Girl 
  • Mystery

映画の見どころを解説

見どころは「3つ」あります。

とあるCDが物語のカギ。

それは、レディオヘッドの”キッドA”というCD。

 

映画の中でリアムとナタリーが「音楽はアナログかデジタルか?」という話になるのですが、「アナログのCDがいい」とリアムは答えます。

その理由の一つとして、このCDの中に”宝の地図が隠されているから、だそうなんです。

 

もしこのCDを手元に持っている方がいたら、

”宝の地図”がどこにあるのか、一度探してみてください〜

(隠されている場所は、映画の中でリアムから解説がありますよ)

 

ライブ会場に行った感覚になる!

観終わった後の満足度がすごい映画です。

 

音楽ライブやクラブ、音楽フェスのシーンがたくさん出てきます。

映画を観ながら色々なライブ会場に行ったような感覚になるので、

映画の内容はもちろん、音楽とライブ会場の臨場感まで楽しめる素敵な映画です。

 

私の場合、映画を終わったあと、音楽以外の音を耳に入れたくなくて、耳をふさぎながら自宅まで帰りました笑

しばらくは、頭の中で曲がリピート再生された状態が続いて、本当に幸せでした…。

謎のプロデューサーに注目。

主人公のバンド、head cleaner(ヘッドクリーナー)を支えるのが

伝説の音楽プロデューサー、カーブ

見た目はサングラスと帽子で黒づくめの、いかにも怪しいおじさまです。

 

メンバー内で方向性の違いがあり、うまくいかないところに、飲み屋のオーナーから紹介を受けます。

 

有名なギャラガー兄弟(リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガー)のデビューの手助けもしたという、有名人とのことですが…

 

…この続きは映画の中で♪

まとめ

・UKロックが盛りだくさん。

 

・サントラから、新しい音楽に出会える。

 

・ライブの臨場感も楽しめて、満足度大の映画!

私自身、初めて名前を聞くアーティストがほとんどでした。

映画を観た後、更に新しい曲に出会えるなんて、映画サントラって本当に素敵。 

 

音楽好きな方には、絶対に観て欲しい映画です!