「荷物が多い」フェス会場内は、折りたたみリュックを持とう!

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20190212204304j:plain

会場内用のリュックで悩んでいませんか?

 

私は、フジロックの持ち物で一番悩んだのが「リュック」でした。

 

普段そんなお店に入ることもないから、”リュックの容量”とか言われても全然わからなかった覚えがあります。

 

※ちなみにリュックの「容量〇〇L」という表記ですが、メーカーによって計算方法が違うので、あくまで参考程度な数値なんですよ!

 

この記事では、

  • おすすめの折りたたみリュック
  • 折りたたみリュックの選び方
  • 他の折りたたみリュックとの比較

について、ご紹介します!

 

 

会場でリュックを使ったほうがいい理由

フジロック会場でリュックをおすすめする理由は、大きく2点あります。

  • フジロック会場は山の上 ⇒天気が読めない分、物が多くなる。
  • 真夏に野外で一日中過ごす ⇒汗をかくので、着替えも必要。

雨具や着替えを入れると、「それだけでかなりの荷物量になるから」なんです。

会場内では、折りたたみリュックがおすすめ

実はわたし、フジロックの準備をするまで「折りたたみリュックの存在を知りませんでした。女性は特に、スポーツ用品を買う機会なんてないですよね!

 

今回は、そんな当時の私に教えてあげたい!おすすめの折りたたみリュック2点をご紹介します~

①モンベル バーサライトパック15

f:id:whoismoe:20190211211628j:plain

こんな人におすすめ !

  • とにかく軽いリュックがいい
  • デザインにこだわりたい
  • 安心できる品質のリュックがいい

ブランドについて

モンベルは、1975年に設立された、日本の老舗アウトドアブランド。

登山用品を主に扱っています。価格は比較的手頃ですが、他ブランドにも負けない品質です。

迷ったらモンベルで揃えれば安心」しちゃうくらい、初心者に優しいブランドなんですよ!

リュックの特徴

容量は15L。リュックのカラーが素敵です!

肩ひもは、汗をかいてもべたつきにくいメッシュ構造

収納したとき、三角形になるのも個性的。持っていて他の人と差がつくポイントです。

 

個人的にグッとくるポイントは「ハイドレーション機能」。リュックからストローを伸ばして、両手が空いたまま水分補給ができる機能です!うおお~!

フジロックなら、ビールを入れて快適に…!?お酒を飲みすぎて、ステージの内容を忘れないように注意です~

どのくらいコンパクト?

f:id:whoismoe:20190212205309j:plain

(出典:https://kong.hida-ch.com/e707387.html

 

収納袋はリュックのフタ部分。

収納時の大きさは、17cm×17cm×4cmです。

 

重さはわずか99g。私が調べた中で「最も軽いリュック」です。

ものによっては折りたたみリュックだけで500gも重さがある商品もあります。

重さの参考です。

  • 100g・・・袋入りのラーメン1個分
  • 500g・・・500mlペットボトル1本分

「袋入りのラーメンを背負っている」と想像してください!(そうじゃない)

 

②ホールアース パッカブルリュック13L

こんな人におすすめ !

  • ポケットがたくさんほしい
  • フェス当日の服がまだ決まらなくて、とりあえず黒のリュックにしたい

ブランドについて

ホールアース(Whole Earth)と聞いて、「いや、何そのブランド?」と思うのが普通かもしれません。

2017年度春夏シーズンからの発売で、ブランドとしては、できたてほやほや。

最近だと「高いコストパフォーマンスが魅力!」として、雑誌にも掲載されています。

リュックの特徴

容量は13L。とにかく、収納力がすごい!

リュックの中身を3つに仕切ることができる構造です。

 

わたし、普段は洋服にポケットがないと死んじゃうタイプの人間なんですが、こんなリュックだととっても嬉しい。

両サイドにボトルホルダーもあるので、リュックを開けずとも、水分補給がラクにできます!

 

こちらも肩紐がメッシュ構造で、汗をかいても蒸れにくい構造です。

ブランド力は低いけど、造りがしっかりしています。

どのくらいコンパクト?

f:id:whoismoe:20190212204710j:plain

収納袋はメインのジッパーを空けると、本体上部に縫い付けられています。

収納時の大きさは、15cm×15cm×5cmです。

(重さは公式情報がなく、ご紹介できませんでした)

折りたたみリュックを選ぶときの注意は5点!

実際に、店頭で折りたたみリュックを見比べてみました。選ぶときの注意点は5点です。それぞれご紹介します。

1)リュックの重さ

重さの目安は300g以内で選びます。

 

ちょっとした重さも、リュックを長時間背負うとなると、疲労の原因になることも。

デザインだけでリュックを選ぶのは「絶対にダメ!!!」

 

特に、体力がない女性の場合、軽いリュックを選ぶと身体の負担を減らせて、おすすめですよ。

2)リュックの容量

フジロックなら、容量15L程度の折りたたみリュックで問題ありません。

 

他の野外フェスでも、会場内で13Lのリュックを使いましたが、この容量なら、大きすぎず小さすぎず。問題なく使えました。

野外フェスで必要なものは全て入りますし、使いやすいサイズ感です。

3)肩ひものつくりをチェック

長時間リュックを背負うことになるので、

やっぱり、肩に負担のかからないものが一番です!

 

メッシュ生地になった幅が広めの肩ひもなら、真夏でも通気性があって快適です。

何より荷物を入れても、肩に負担がかからず、とっても便利ですよ。

4)収納袋はリュック一体型を!

私はよく折り畳み傘でありがちなんですが、

収納用の袋を失くしてしまいそうになったこと、今までありませんか?

傘ならまだ何とかなりますが、折りたたみリュックの場合、袋に入れないとかさばってしまいます…。

 

そんなとき、収納袋とリュックが一体になったタイプなら、紛失することもありませんよ!

会場であたふたするのは、ステージ間の移動だけにしたいですね。

5)折りたたみ時の大きさ

折りたたみリュックといえど、収納時のサイズは色々。

タバコの箱サイズから、ポーチサイズまで。

なかには、信じられないほど小さく収納できる、折りたたみリュックもあります。

 

店員さんに大きさの違いを教えてもらったところ、

生地の厚さもあるけど、小さすぎるのは、ギュっと詰め込んでるだけのことが多い

とのことでした。

 

私も実際にリュックを取り出してみましたが、袋が小さすぎると、うまく収納できない…笑(最終的にあきらめた)

小さいからいい、というわけではないようです。結構、握力が必要でしたよ。

早めの購入がおすすめ

これいいなぁ!と思うリュックがあったら、早めの購入をおすすめします。

フジロックは年明けからチケットを販売するので、それと同時に準備を始める方も多いからです。

 

夏になると、お店やネット通販では在庫切れ・サイズ切れが多発します!

フェスの時期が近付いてくると、店員さんも忙しそうでした

夏フェスだけでなく普段から使える。持ってて損はナシ。

折りたたみリュックをメインのバックとして使うことは少ないかと思いますが、例えば急な買い物をして荷物が増えたときにあると、とても便利です。

 

また、旅行によく行く方なら、現地を散策するときに必要な荷物をリュックへ入れ替えて使ったり、

お土産が多くなって、キャリーケースに入らないときにも使えそうですね!

 

小さく収納できるので、使わないときだって邪魔になりません。保管場所のスペースが狭くても大丈夫。

他の折りたたみリュックとの比較

折りたたみリュックって普通のリュックと比べて生地が薄いのですが、意外と価格が高いんです。参考に、先ほどとは違う折りたたみリュックを2つご紹介しますね。

 

先ほどご紹介したリュックの容量・価格はこちら↓

  • モンベル バーサライトパック:15L ⇒3,888円
  • ホールアース パッカブルリュック:13L ⇒2,989円

 

ノースフェイス PF Stuff Pack

容量:18L

価格:7,776円

 

 

ケルティ PACKABLE LIGHT DAYPACK

容量:18L

価格:6,980円

 

  

まとめ

折りたたみリュックは小さくなるのに、意外と価格が高いんです。

私も、お店に行って「えっ、高い!!」とびっくりしてしまいました。

 

改めて、折りたたみリュックを選ぶときの注意点は5点です。

  1. リュックの重さは、300g以内
  2. リュックの容量は、15L程度
  3. 肩ひものつくりは、メッシュ生地幅が広め
  4. 収納袋は「リュック一体型
  5. 折りたたみ時の大きさが「小さすぎるのはタブー

 

素敵なリュックが見つかったら、早めにゲットしておきましょう!

 

どれにしようか考えすぎて、私みたいに寝不足にならないでくださいね…。

 

 

▼今回ご紹介した折りたたみリュックです