フェス用モバイルバッテリーには「Anker」を。普段使いにも便利!

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181023233319j:plain

音楽フェスにモバイルバッテリーは必須アイテムです。

なぜなら、会場内にはコンセントがありません

 

当日充電が切れると写真が撮れないし、友人と連絡がつかずに大変な思いをする事も。

そんな事にならないように、モバイルバッテリーは必ず準備していこう。

 

Anker(アンカー)とは? 

Anker」は米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、最新テクノロジーを採用しながら、納得の価格と安心のサービスで高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し、米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国など世界のEC市場でベストセラーや売上1位を獲得しています

(引用:Anker-Ankerについて) 

創設者がGoogle出身という部分が驚きですが、実際に手にすると分かります。

製品クオリティがとても高いんです…! 

おすすめは、Anker PowerCore Slim 5000

私がフジロック日帰り用に購入したのはこちら。

容量は5000mAh。iPhoneが2回ほど充電できます

 

とにかく軽くてコンパクト。

f:id:whoismoe:20181024015140j:plain

実際に手に持ったとき、驚きました。

重さは118g。卵2個分です。

 

重さ、大きさ共にiPhoneSEとほぼ同じでした。

これ以上大きいと、携帯しにくいかも。

f:id:whoismoe:20181024020840j:plain

容量5000mAhでこのコンパクトさは、あまり見当たらない気がします。

このサイズ感なら、普段からバッグに入れっぱなしでも問題ないですね。

シリコン製だから、キズや指紋がつきにくい。

表面はサラサラしていて汚れにくい材質です。

多少の引っかき傷なら、軽くこすれば元に戻りました。

 

音楽フェスのような場所には最適です!

しかし、防水性はありませんので、当日はジップロックなどで雨対策を。

接続するだけで、自動充電。

電源のON・OFFが無いため、充電されてなかった!という事はありません。

また、バッグの中で誤ってバッテリーを消耗してしまう事もなく安心です。

 

f:id:whoismoe:20181024011325j:plain

バッテリーの残量確認ボタンがあり、ボタンを押すとランプが点灯します。

iPhoneユーザーはLightningケーブルが必要。

f:id:whoismoe:20181024005841j:plain

付属のケーブルが2本ついていますが、どちらもAndroid専用です。

iPhoneユーザーの方は、Lightningケーブルが無いと充電できません。

 

(Lightningケーブルは、普段iPhoneの充電に使うUSBのケーブルで大丈夫!)

保証期間が長くて安心。

公式サイト・Amazonからの購入なら、不良品は1年6ヶ月の保証。

しかし、購入後に落として破損したり、水濡れが原因の故障は対象外です。

 

普段から使っていて、いい買い物したなぁ〜と思います。

価格もお手頃なので、気になる方はぜひ一度使ってみてください。

 

モバイルバッテリーをうまく利用して、普段から「充電が切れて困った!」とならないようにしたいですね。