初めてのフェスはKEENを履こう!もう1足欲しくなる魅力:5点を紹介

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181231232441j:plain

 

お店には沢山の靴の種類があって、

初めてだと何を選んでいいのか、全くわからないですよね。

 

そんな方には、KEEN(キーン)の靴をおすすめします。

 

何日間か開催されるフェスだと、会場内での怪我は命取り

いつものスニーカーで参加すると、泥だらけになっちゃうし、固い靴で上から踏まれてしまうかも…。

 

この記事では

  • KEENの魅力
  • フジロックでKEENの靴を履いた感想
  • 次に欲しい1足!サンダル「UNEEK」
  • フェス会場内のKEENブース

について、ご紹介します。

 

ビビりつつも初めてのフジロックへ、KEENを履いて参加した私ですが、

その結果、「もう1足欲しい!」という思いがけない状況になってしまいました笑

 

フェスで履く靴問題、おすすめはKEEN

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by KEEN(キーン) (@keen_japan) on

KEENとは?

アメリカ・オレゴン州ポートランド発のアウトドア・フットウェアブランド。

野外フェスには防水を選ぼう。

雨の日、靴の中に水が入ると気持ち悪いですよね。

 

私が参加したフジロックでは、必ず雨が降ると言われています。

当日は実際に台風が接近して、会場内が荒れた天気になりました。

 

地面が水を吸わないタイプの土質だったため、水たまりから段々と田んぼ状態に。

その上をたくさんの人が歩くので、もう、荒れたぬかるみしかない

 

当日はどんな天気になるのか分かりません。

会場内を移動する靴は、ぜひ”防水”素材の靴を選ぶことをおすすめします。

ワンポイントの「!」マーがおしゃれ

f:id:whoismoe:20181231222400j:plain


△と!を組み合わせたこのマーク、私は一目惚れしてしまいました。

KEENの靴には、どこかに付いています。探すのもちょっと楽しい。

KEENを野外フェスで履いた感想

f:id:whoismoe:20181231222612j:plain

 

購入したのは「ターギー EXP ミッド」です。

①防水機能は、想像以上!

事前に何度か履きならしていましたが、

本格的に履いたのは会場内が初めてでした。

 

土砂降りのなか、ぬかるんだ地面を恐るおそる歩いていたのですが、

勢いよくはまってしまいました。深~い水たまりに。

 

日が落ちた後で辺りは暗く、帰りの道中だったので、

「こりゃあ、水が中に入ったな」と諦めてそのまま歩いたのですが、

帰りのバス内で靴を脱ぐと…ノーダメージ(浸水なし)!一番の感動でした。

②足首のケガ防止になる

靴の高さが足首まである場合ですが、

急斜面を昇ったり降りたりするときや、大きめの石が転がっているとき、

足首が固定されて歩きやすいです。

 

トレッキングシューズは、靴の高さで種類が分かれています

(コンバースのスニーカーをイメージしていただければ、わかりやすいと思います)

 

私が購入したのは、中くらいの高さの「ミッドカット」タイプ

特にフジロックへ参加予定の方は、足首まで高さがある靴を”心からおすすめ”します!

③足にフィットして歩きやすい

私は普段の靴のサイズと同じものを購入しましたが、

普段の靴下だと丁度いいサイズで、

厚めの靴下を履くと、ちょっと窮屈に感じます。

 

跳んだり走ったりする音楽フェスでは動きやすさが重要です。

靴ひもの結び方で、細かい部分は調整できます。

 

靴ひもでも難しい場合は、靴下の生地の厚さで調整を。

シューズが足にピッタリ合った状態で参加したいですね。

④モッシュを乗り越えた

モッシュ経験が無かった私。

海外では人が亡くなることもあるらしく、参加まで本当に怖かったです。

 

KEENの靴は固い素材で、とっても頑丈

上から踏まれてもいいように、こだわって選びました。

 

ステージではモッシュを何度も経験し、

何が起こっているか分からないくらい、みんな荒れていました。

そんな状況でも足に大きな怪我はなく、無事に生きて帰れましたよ。

(身体はアザだらけです!)

⑤お手入れ簡単!

中敷きは取り外して洗えます。

靴の中で汗をかいても、清潔に保つことができますよ!

 

気になる手入れ方法についてはこちら。

www.moedayo.com 

デメリット

①重量がある。   

つくりが頑丈なため、その分重さがあります。

 

重いと、持ち運びのときに負担になるかもしれませんが、

常に靴を履いている状態なら、全く気になりませんでしたよ。

②着脱がちょっと大変。

トレッキングシューズは、しっかりと靴ひもを結んで履く必要があります。

 

足をクールダウンさせようとしたとき、

靴ひもを緩めて脱いで、履くときはまた結んで…という動作は面倒だったかも。

 

▼フジロックで履いた「ターギー EXP ミッド」はこちら。

 

手に入れたいもう1足は、サンダル「UNEEK」

「UNEEK(ユニーク) HT シリーズ」なら一年中履ける!

  • 夏はサンダルに。
  • 中の「ブーティー(取り外し可能な生地)」だけ履けばスリッパに。
  • サンダルとブーティーを組み合わせれば、寒い季節にも対応可能

 

ちょうど、こんな靴が欲しかった!

音楽フェスは色んな季節で開催されるから、1つ持っていると便利ですね。

 

▼3通りで履ける「UNEEK HT」はこちら。

 

 

▼サンダル部分のみ「UNEEK」はこちら。

 

フェス会場のKEENブースも利用しよう

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by KEEN(キーン) (@keen_japan) on

2017年のフジロック会場内では、KEENシューズの無料レンタルを行っていました。

 

2018年はレンタルがない代わりに、ワークショップへ参加すると

タオル・ネックチューブがプレゼントされたそうです。

 

来年からのブースも要チェック。うまく利用して参加したいです。

まとめ

  • 「ミッドカット」タイプは、トレッキングシューズが初めての方におすすめ。
  • 「UNEEK HT シリーズ」は履き方が3通り。人と差をつけたい方におすすめ。
  • フェス会場のブースでKEENを着用できるかも!?

年が明ければ夏フェスのチケットも発売開始されますね。

どんなアーテイストが出演するのか、すでにドキドキなもえでした。

 

 

▼フジロックで履いた「ターギー EXP ミッド」はこちら。

 

 

▼3通りで履ける「UNEEK HT」はこちら。

 

 

▼サンダル部分のみ「UNEEK」はこちら。