【インクボックス】デザインの簡単・キレイな転写方法【不器用OK】

スポンサーリンク

f:id:whoismoe:20181104181206j:plain

インクボックスのフリーハンドインクは、一度描くと2週間も残ります。

下書きなしで肌に直接描くと、失敗した時が大変です!

 

デザインを写すのに必要なものは4つだけ

この方法で誰でも簡単に、肌へデザインが転写できますよ。

 

用意するもの。

f:id:whoismoe:20181104184602j:plain

  • マスキングテープ(orセロハンテープ)
  • 赤のボールペン
  • 2B〜4B程度のシャーペン(or鉛筆)
  • トレーシングペーパー(orクッキングシート)

 

クッキングシートは紙が厚いため、若干扱いにくいです。

個人的にトレーシングペーパーがおすすめ。

デザインの写し方。

紙に下書きをする

まずは、タトゥーのデザインを決めます。

この時点では、どんなペンを使っても大丈夫です。

 

色は黒のほうが、次の作業がしやすいと思います。

トレーシングペーパーへ写す

f:id:whoismoe:20181104171747j:plain

デザインが決まったら、そのまま上からトレーシングペーパーを重ねて、

赤のボールペンでなぞっていきます。

POINT

この時点では輪郭だけを描きます。塗りつぶしは不要です。 

できました!

f:id:whoismoe:20181104171956j:plain

裏から鉛筆でなぞる

f:id:whoismoe:20181104172427j:plain

ここからは、トレーシングペーパーだけを使います。

裏表ひっくり返して、赤色の線を裏から鉛筆でなぞっていきます。 

POINT

カーボン紙代わりになる作業のため、

鉛筆の粉をたくさん付けるイメージで、濃いめになぞるのがコツです。

 

こんな感じ。

f:id:whoismoe:20181104172551j:plain

トレーシングペーパーを肌にのせる

f:id:whoismoe:20181104172738j:plain

鉛筆でなぞった面を下にして、

上から「ギュッ」と、指で何度も押さえます。

POINT

ズレて転写されないように、マスキングテープを使うのがおすすめです。

肌から剥がす

f:id:whoismoe:20181104172902j:plain

デザインが転写されました。

2Bの芯で、このくらいうつります。

 

ここまで上手くできたら、半分は成功です。

あとはフリーハンドインクで上から描いていけば完璧!

 

フリーハンドインクの詳しい使い方については、こちらの記事をどうぞ。 

www.moedayo.com

 

うまく転写されない時は?

以下の2点を確認してみてください。

改善方法①

トレーシングペーパーの上からティッシュを重ねて、水で濡らした状態で、上から押さえてみてください。

 

その時に、トレーシングペーパーがシワにならないよう注意。デザインがズレます。

(クッキングシートは、水をはじくため使えません!)

改善方法②

使っている鉛筆の芯を確認しましょう。

 

HB・2Hなどの「H」がつく芯は硬いので、肌に転写されにくいです。

(2B〜4Bあたりがおすすめですよ)

デザイン通りの仕上がりに。 

f:id:whoismoe:20181104180600j:plain

複雑なデザインやイニシャルの文字でも、

この方法なら、誰でも思い通りに転写できるはずです。

 

しかし、手の平は描く場所として、お勧めできません。

1時間待つまでに5回くらい、インクがよれてしまいました…。

 

今回使用したのは、こちらのフリーハンドインクです。