私のフジロス解消法

スポンサーリンク

2週間ほど前に念願のフジロッカーになりました、もえです。

本当に夢の時間だった。

 

最近SNSでみんな言っているのが、フジロス

帰宅後にフジロックを恋しく思うことなんですが、私も絶賛フジロス中です。

ツライ。つらすぎる。苗場に帰りたいよ。

 

でも、現地へ行ってない人からするとそんなことどうでもいいだろうなと思ったので、「私今フジロスなんだよね〜」と話すのは控えています。

職場の人に自分からフジロックの感想を言うのも控えている。聞かれたら答える程度。

 

フジロッカーは気を遣うのだ。

 

そんな肩身のせまい思いをしているフジロッカーに、私なりのフジロス解消法があるのでご紹介します。

 

1.休日は、会場で着た短パンで外出する。

夏限定ですけど。

スニーカーに短パンで外出って、小学生以来でした。

普段は露出を避けて、太陽も嫌いだったのですが、フジロックに行って生まれ変わりました。帰ってきてから日焼け止めは一切塗ってない。

最初は勇気いりましたが、慣れます。

 

たまに、サングラスとフェス帽子も身につけて外出しています。遠出の時はもちろんドイターのリュックです。

 

しかしこの格好で街に居ると、外国人観光客に間違われやすい。

大阪でふらふらしてたら、お店の人に「日本語分かりますか?」って言われたし、東京では外国人に英語で「この電車は浅草に行きますか?」って聞かれた。

面白いので、最近は観察して私から似せるようになってきました(笑)

 

2.フェス財布を普段使いする

 今まで革の長財布を普段使いしていました。

 フェスから帰ってきてそのままフェス財布を使っていますが、使い心地良すぎる。一番は、重さが1/10くらいになったこと。

いつも私は財布を使うたび、会場でフェス飯を買っているような気分になります。

 

3.自然がいっぱいな場所へ旅にいく

最近キャンプに行きたいんです。

でも、持っていく荷物もあるし、市街地から離れた森の中にあるキャンプ場まで簡単に行けるはずもなく。

車の運転が出来ないから困っています。誰かに送迎お願いしようかな?(私はペーパードライバー)

 

とにかくどこかに行きたい私は、最近自転車に乗って海へ行ってきました。

貝殻を拾って遊んだのが楽しかった。

 

 

 

こんなことしながら最近考えているのは、

なんだか、日本全国の音楽フェスを制覇するのも楽しそうだな〜ということ。

 

うまくフジロスを乗り越えて、来年も苗場で会いましょう!